コナミ スロット

コナミ スロット

「いくら叫んでも無駄よ

声が通らないように結界を張ってあるから」「何・・・!? ば、馬鹿な!」 キキが、何かごそごそと何かを取り出してみた物を見て、顔色を変えた

 女の言っていることが本当だと分かったのだ

「わかったかしら? ねえ、私達はいつでも貴方たちの命なんて取れるのよ?」 ニコリと笑った女に、ようやく状況が理解できたジザリオンが、強く睨みつけた

あなたも好きかも:ゴッドイーター スロット 天井 振り分け
「・・・何が目的だ?」「あら

目的は既にあの娘が、伝えたじゃない?」「・・・何?」 ジザリオンたちの反応に、女は呆れたようにため息を吐いた

「あのねえ

あなたも好きかも:浅草 パチンコ 優良 店
このタイミングで、来れるはずのない場所に、女一人で来るのよ? 少しは察しなさいよ」 ここに集まった三人は、流石にそこまで言われて理解できないほど鈍い頭をしているわけではなかった

 ジザリオンが、歯ぎしりをした後、女を再度睨みつけた

あなたも好きかも:ブラックジャック てるてる坊主
「・・・代弁者とやらの使いか」「あらいやだ

そんなわけないじゃない」「何?」「私は別にあの娘のつかいっ走りじゃないわ

単に事情でここに来れなくなったあの娘に代わって、貴方達の末路を見届けに来たのよ」 結果を報告する必要もあるしね、という呟きは、三人には届かなかった

「使いでないのなら、お前は・・・何者だ?」「なぜ貴方程度に私の名前を教えないといけないの?」 心底不思議な様子で、目の前の女が首を傾げた

 今まで受けたことのないような屈辱に、怒りで目の前が真っ赤になるが、それでもジザリオンはそれを抑えて、目の前の女に問いかける