パチンコ スタジアム2001 換金率

パチンコ スタジアム2001 換金率

 結局のところどっちもどっちなのであった

「前にも少し話したと思うが、ヴァミリニア城は宝玉の<格>に合わせて変化する性質があっての

宝玉の<格>が順調に成長したから、ここまで城も大きくできたという事だの」「そうなんだ」「・・・他人事のように言っておるが、コウスケ殿も関わっているんだがの」 少し悪戯を仕掛けるように笑みを浮かべたシュレインに、考助は首を傾げた

あなたも好きかも:パチスロ 客離れ
「・・・へ? そうなの?」 考助にしてみれば、ヴァミリニア宝玉に関しては、全くと言っていいほど手を出していない

 完全にシュレインに、任せていたのだ

あなたも好きかも:パチンコ 学園黙示録2 天井
 シュレインに頼まれて、召喚陣やらちょっとした自然物を設置したりはしたが、それ自体は大したptを使っていない

 それらが、宝玉の成長に関わっているとは、思っていなかったのである

「ああ、もちろんそれらのこともあるがの

あなたも好きかも:スロット ウィングマン
それらは、想像通り大したことは無い

ここまで成長できたのは、前にもいったと思うが、吾との夜の営みのおかげだの」「・・・え!? そ・・・そうなの!!!?」「こんなことで、嘘をついてどうする? それに、前にも言っただろ?」 確かに以前、宝玉の成長に考助とのナニが関わっているということは聞いていた

 だが、それは神力というか、宝玉の<格>に関してだけで、城そのものが成長するとは思っていなかったのだ

「いや、そうなんだけど・・・流石に予想外すぎて」「まあ、ぶっちゃけてしまうが、コウスケ殿の精は、我にとっては血を吸うのと変わらない、というかそれ以上の力になったようでの

それに合わせて、宝玉の<格>も上がっていった」 シュレインの力そのものとも言えるヴァミリニア宝玉は、その持ち主(シュレイン)の力が上がれば、それに合わせて当然<格>も上がる

 宝玉の<格>が上がれば、城の<格>も上がるというわけで、城自体もここまで成長(?)したというわけである

 ついでに言えば、宝玉の<格>が上がったということは、シュレインの力が上がったということになる

「・・・ええと、それは、あれなおかげで、シュレインの力も上がったってこと?」「そういうことだの」 照れることなく答えるシュレイン

 それを見た考助は、何となく嫌な予感を覚えた