飛田給 パチンコ

飛田給 パチンコ

 「クシュンッ……クシュッ」と、何度もくしゃみをする度にベッドの埃も立つのだろう

止まらなくなってきた彼女のくしゃみに大介も気持ちが冷めて観念し、恥ずかしさで泣き出す鈴菜を「エエからエエから」と慰めた

……それしか出来ない

 結局、「お薬を持ってくれば……」と泣く彼女を「それならもう帰ってゆっくりした方がエエし」とタクシーを呼んで見送るべく部屋を出たが、「女の子のくしゃみが聞こえる」の通報で見回りに来た寮長に発見され、規則に従って大介は学園登校以外十日間外出禁止

あなたも好きかも:スロット ミラクルジャグラー グラフ
自宅にも通報され、後に父親から小遣い減額を言い渡されてしまい、申し訳なさそうに帰った鈴菜は庇いきったものの、なんだか振り回されただけで、緩んでしまった性欲と疲れが残った、そんな五月の休みだった……

あなたも好きかも:スロット 温泉天国
●チャレンジャー:其の4「これをこうすれば、いいんですか?」「……そうですね

……綺麗に出来ましたね」「やったあ!! 出来たあ!!」 多美はパッと嬉しそうな笑みで目を見開き、隣の弥生ににっこりと笑みを向けた

「ありがとうございまぁーす先輩!!」「いいえ……

お役に立てて光栄です」 笑顔の多美に弥生も微笑みを返す

――そんな二人に立花はじっとりと目を据わらせた

あなたも好きかも:枚方市 スロット おすすめ
 時間が空いた休日

昨夜のうちに「一緒に課題をやらないか?」と連絡を入れ、午前中から立花家に弥生がやって来た

……のはいいのだが多美が部屋に入り浸っている

「なっちゃんっていう友達がいてぇー

好きな人がいるんですけどぉー

両想いになれるようなぁ、おまじないとかないかなあぁー、とか思っちゃってぇー」 かわいらしくパチパチと瞬きを繰り返しながら笑顔で問う多美に気持ち悪さを感じつつ、立花は「そんなモン知るか!」と追い出そうとしたが、弥生が「……いいですよ」と受け入れてしまった

それから、ガラステーブルを占領された形で二人で何やら制作

むかついた立花は「勝手にやってろっ」と、一人、勉強机に向かって課題に取り掛かっていた

「あとは……ローズ系のアロマを炊いて、カモミールティーで気持ちを落ち着けながら、相手の方を思い浮かべて、想いが通じますように、と願うよう、お友達にお伝えください……」「ローズ系のアロマに、カモミールティー、ですねっ」 多美は真剣な顔で耳を傾け「……よしっ!」と頷いた