パチスロ リノ 評価

パチスロ リノ 評価

今年の収穫はいかがでしょう?」「……やはり、少し厳しいです」 肩を落とすリヒトに村長達も項垂れる

丹精を籠めて畑の世話をしても、祝福がない土地ではどうしても作物が育ちにくいのだ

 わたしは軽く頷くと、先に自分の用件を述べる

「リヒト、今年の冬、ハッセに灰色神官を二人、滞在させることになりました

領主への反抗心がないか、春に祈念式を行うに相応しく本当に反省しているのか、確認するためです」 弾かれたようにリヒトが顔を上げた

まだ信用されていないのか、という感情が顔に出ている

町で一丸となって努力しているのだから、その感情はわかるけれど、貴族相手に感情を出さないようにする練習も必要かもしれない

あなたも好きかも:パチスロ サムライ
「確認も確かに必要なのですけれど、わたくしの真の目的は別にあります」「真の目的、ですか?」 目を瞬くリヒトにわたしはなるべく重々しく見えるように頷いた

冬の館に滞在する間、貴方達に正しい貴族への対応や書類の書き方を教えるのが目的です

あなたも好きかも:ヘブンズドア スロット349
……前神殿長の在位が長かったため、ずいぶんと対応方法に誤りがあるようですから」「……そうなのですか? 一体どのような?」 自分達が間違えていることには気付いていなかったようで、戸惑ったようにリヒトの瞳が揺れる

前町長が「天に続く階段を上っていった」という言葉が死亡を表すことを知らずに尊大な態度を取り続けたことを思い出したのかもしれない

「わたくしが毎回頂くお手紙に、神々の御使いに果実の甘露と季節で最も美しい花を供え、布を準備し、香を焚いて信仰の心を示します、という一文があるのですけれど、意味を理解していないでしょう?」「意味、ですか?」 首を傾げるリヒトに、神官長がゆっくりと頷き、部屋に飾られている花へと視線を移す

あなたも好きかも:パチンコ 当たり やすい 台 の 見分け 方
リヒトもつられたように花へと視線を向けた

「その言葉は、神官が訪れる時にはお酒と女と金品を準備しておくので、頼み事を聞き入れてください、という意味だ

理解していれば、今の神殿長には使わぬだろう? 実際、ここには準備されていない」「なっ!? そ、そのような意味だとは思わず……」 意味を知って血の気が引いたらしいリヒトが、真っ青になって弁解しようとする

それはそうだろう

何十年と手紙の結びに使ってきた言葉がそんな意味だったとはおもわなかっただろう