パチンコ 99分の1

パチンコ 99分の1

その下の侯爵達は、白を持たずとも司るものの力によって白持ちに近しい能力を持つ者達だね

あなたも好きかも:パチンコ スーパースター
……爵位がある魔物達は皆城を持つが、人間の城を持つような者達とは違って、自らが望まない限りは下位の者達や系譜の者達に責任を持つことはない

同一個体や、同じ名前の魔物が他にいないことが条件になるが、あくまでも、それぞれが己の資質の王であるという認識だ」ディノの説明だと、例えば砂靄の魔物はイオしかいないが、パンの魔物は沢山いる

あなたも好きかも:伊丹 パチンコ バイト
沢山いる魔物は誰もが王ということはなく、その大勢のパンの魔物の中に王を作ることも通常は滅多にない

他の爵位持ちの魔物や、王様であるディノなどに敬意を払い、時には仕えるのだそうだ

「パンの魔物さん…………」「よく路地裏などにいるよ

馬車に轢かれていたりもするかな」「なぜ食品なのに路地裏にいるのでしょう………」「私にもよく分からないんだ

………立って走ったりする特別変異体のようなものもいるし…………」「と言うことは、本来は立って走らないのですね………」「長方形のパンの形をしている

あなたも好きかも:スロット 旧台
地域性で少しだけ形状を変えるから、山形のものやごく稀に丸いものもいるらしい」「たいへん混乱しています

そして路地裏に暮らしているのですね………」「うん……………」ネアは、魔物とは何だろうと考えながら、指定された椿の棟に辿り着いた

ここは外客などが訪れた際に滞在するお客さん向けの施設で、ネア達生徒が中に入ることは滅多にない

外部の人間用の建物なので地下からの入り口はなく、一度地上に出てから正面玄関から入るのだ

歌乞いのお屋敷のような入り口の警備もなく、ある意味お客様にとっては心許ない宿泊施設なのだと思う

「さて、彼とは何を話すのかな」「軍人さんが、あまり威圧的ではないといいのですが」地上に出たので、ディノは音の壁を取り払ったようだ

どこでも展開は出来るのだが、あえて警戒心を煽らないように、秘密の気配を纏わないようにしている

ここを出られるまでの待ち時間では、不用意に目をつけられたりしないように過ごすことを優先したからで、だからこそネア達は、核探しだけに熱中したりはせずに、大人しく授業も受けていた

「お邪魔します…………」こつりと、赤みがかった琥珀色の床を踏んだ