ガンダム パチンコ v作戦

ガンダム パチンコ v作戦

「……」「どうした? おれは何も仕組んだり、壊したりしてないぞ」 受け取ってもマイが何も喋らなかったから、ラインは疑われていると思った

「ううん、ちがうの

これはもうあなたのものだわ」「!? どういうこった?」 差し戻された柄を見つめて、ラインはもう一度マイの真意を尋ねた

あなたも好きかも:7のつく日 パチンコ 東京
「それはアクト・シャフトっていう古代技術で作られたものよ」「古代技術?」 初めて聞く話に、ラインは頭を傾げた

あなたも好きかも:ひぐらしのなく頃に祭 スロット 設置店
それは担い手の想いやイメージ、器に同期することによって、具象化する武器なの」 ============ □アクト・シャフト その1 現在は失われた技術で作られたものは、 総称して古代道具(エレディウム)と呼ばれている

 その中でもアクト・シャフトは担い手の マナやマテリアル、氣、魔法に呼応する技術が用いられている

 アクト・シャフトは特に高度な技術が必要なため、 希少性が高く魔道具の一つとしても知られていた

あなたも好きかも:レイブ パチンコ カットイン
 ============「そんなすごい武器なら、なおさらだろ

一斗やティスティにだって――」「ううん、二人には無理だったの」 マイは苦笑いしながら首を横に振った

「二人にも以前試してもらったけど、彼らにはまだ無理だったわ」「まだ? 何かが足りなかったのか?」「足りない……というよりも、適性の問題かな」 ============ □アクト・シャフト その2 担い手に大きく依存する特性があるため、 扱える人材はかなり限られている

 特に、担い手に適性があったとしても、 イメージを具現化するほどの想いの強さが 必要不可欠である

 ============「なるほどな

でも、いいのかよ