エコペイズ 銀行口座登録

エコペイズ 銀行口座登録

今週の更新、開始でございます!今回は二話分ほど書けているので明日が出勤でも気持ちが楽!というわけで、今週も三話目標に頑張っていこうと思います

散々な誕生日を堪能した翌日は、いたって殺伐としていた

あなたも好きかも:パチスロ 輪るピングドラム リセット
「聞こえたか、今の悲鳴」「祝いの賛美が一瞬で阿鼻叫喚だな……」 たった今、表で王家の白が病であることが発表されたのだろう

民の悲鳴がここまで届いた

「俺だってできるなら叫びたい……」 そんな会話をしているのは、俺と同じく長の役職を賜った方々

あなたも好きかも:黒い砂漠 船員 スロット
 ここは王家のお披露目を行う露台にほど近い会議室だ

 本来大広間で行われる予定であった謁見なのだけど、希望者が殊の外多く、露台でのお披露目に変更されていた

 そのため我々は、狭い露台に立てるわけもなく、こうして会議室にて待機を言い渡されたわけだ

 と、いうのも、コネを駆使して会場入りしたい面々が殺到し、収拾がつかなくなったのが原因

あなたも好きかも:insurance ブラックジャック
 この変更が発表されたのが本日の昼過ぎなのだが、王宮の前庭は詰め掛けた国民で溢れかえり、これまた凄いことになってしまった

 これでは幼い者は圧死しかねないということで、結局露台前の中庭に通される者は、総動員された騎士や近衛らが、健康上と肉体的な問題が無さそうな者を厳選する……という事態になったのだから、結局当初に我を通そうとした方々は、あまり入れてないのじゃないかと思う

 とはいえ

 この会議室の中だって、外と変わらず緊張に満ちている

 本日、昼過ぎに召集された我々は、その変更が言い渡された謁見の席で、陛下の口より王家の病について、聞かされていた

 それからずっと、この落ちつかないざわめきが続いている

 まあそれも当然か

長を賜った方といえど、公爵家の、かなり中枢に近い方でなければ、前もって姫様の病について、知らされていなかったろう