gemix スロット

gemix スロット

空中マンションに帰ってきたときにふと言われた一言を根に持っていたらしい

「い、いや、あの……十分おっきいだ! 訂正するだ!だ、だから……」「大きいと、今度は入りきれませんなー」あからさまに仕返しで意地悪している美射を止めようとすると「まあ、但馬から怒られる前に入れてあげるわ

 但馬が居なかったら入れませんけどー」マクロボスはホッとした顔で、美射の身体をよじ登りそしてスルスルと旅装の胸元に入っていった

その後、黙って二人で映像を眺め、旨いお茶を啜っているとようやく、塔の近くの建物の中へと山口たちが入りそして美しい建物内をモラリスに案内されながら進んでいく

彼は得意げに真っ白な通路を見回しながら「液化した共鳴粒子を使うことにより こうして当時の我々は、物質の永久化を実現させたのだよ

あなたも好きかも:スロット 初心者 おすすめ機種
 いや、正確には永久では無いな

あなたも好きかも:パチンコ 日ノ出町
半永久化だ

 つまりこの街の物質は全て、崩壊までの速度が極度に遅くなっている

 ただし、問題は液状化した共鳴粒子が大量に 必要だということだった

なのでこの様な街は幾つもは無い」タズマエが冷静な声で「先ほどから、色々と説明してもらってありがたいが いいのか?機密情報だろう?」モラリスはさわやかに笑いながら「安全な来訪者である君たちに隠すことは無い

 君たちに乗り移った二人……いや、彼は 悪意は無いと確認したからね」そして少し寂しそうに「私も含め、これらは過去の遺物だからな

 実験は成功した、そして実用化にもこぎつけた

 あとは、私とこの街の住人たちが 延々と日常を繰り返し、守るだけなのだ 多少は、我々のことを他者に覚えていてもらっても良いだろう」そう言いながら、モラリスは重々しい石の扉を片手で軽く開き「市長が待つ、塔への入口だ

 ちなみに市長は私と同じく朽ちぬ物理体を持っている

 そして、私と同じくこのプロジェクトに準じた 愛国者……いや、地底世界の救世主でもあった」そう言いながら、器用に四本足で白い壁にグルっと囲まれた塔内の広い螺旋階段を彼は登っていく

俺と美射は黙って映像内の、その目が周りそうな景色を続いて進んでいく、山口とディヌズマの視点から眺める

「み、ミシカちゃんはまだだか?」美射の胸元からマクロボスが顔を出すとほぼ同時にミシカが部屋へと駆けこんで来て驚きで顔を隠し損ねたマクロボスを無慈悲にも、美射の胸元から勢いよく引っこ抜いた

「あ、あああああああああ!」マクロボスは悲鳴を上げながら、ミシカから瞬く間に、両手で必死に抑えている腰布以外は脱がされて大きめのコップの中へと漬けられた