マミ スロット

マミ スロット

「ううん、一緒に来てる

あなたも好きかも:スロット まどかマギカ 強ベル
ほら、ラルフが背負ってくれたの」「え? あ、そうか」 目に入っていなかったことがきまり悪く感じるのか、父はわずかに視線をさまよわせながら、ラルフの頭にポンと手を置いた

「背負ってもらって悪かったな、ラルフ」「森に行くからついでだよ」 わしゃわしゃと父に頭を掻き回されて、迷惑そうな顔をしながら、ラルフはわたしを背中から下ろした

そして、フェイとルッツに持たせていた自分の荷物を手に取る

「ありがと、ラルフ

あなたも好きかも:パチンコ 一日中 何回転
ルッツとフェイもありがと」 森へ行くために門から出ていくラルフ達を見送って、わたしとトゥーリは門にある待合室へ入れてもらった

 外壁は壁の中に六畳くらいの部屋が作れるくらいの厚みがあって、それほど大きくはないが、待合室や宿直室もあるらしい

待合室は、簡素なテーブルと椅子が数脚と戸棚が一つあるだけの部屋だ

 まるで外国へ観光に行った時と同じような気分で、きょろきょろしていると、父の同僚の人が水を入れてきてくれる

「忘れ物を届けてくれるなんて、いい娘さん達ですね」 家から門までは、トゥーリの足で歩いて20分くらいかかるので、水を入れてくれた心遣いがとてもありがたい

 木のコップに入れられた水をクピクピッと一気にあおって、プハーッと大きく息を吐く

おいしい

あなたも好きかも:ウルトラマン パチンコ 歌 河村
生き返るね」「マインはほとんど自分で歩いてないでしょ?」 唇を尖らせたトゥーリの言葉を聞いて、みんなが一斉に笑いだした