歌舞伎町マルハン スロット

歌舞伎町マルハン スロット

「ベンノさん、おはようございます」「マイン! お前、一体何をした!?」 マルクに奥の部屋へと通された瞬間、ベンノの雷が炸裂した

全く身に覚えがなくて、わたしは目を白黒させながら、ふるふると頭を振る

「な、何ですか!? まだ何もしてませんよ!?」 印刷協会の話を持ってきたけれど、まだ何もしていないし、相談するためにベンノのところに来たのだから、怒られることではないはずだ

「上級貴族から依頼が来たぞ

大至急、お前の儀式用の衣装を仕立てろ、と

何もしていないはずがなかろう!」 その言葉で、わたしは依頼した上級貴族に見当がついて、ポンと手を打った

あなたも好きかも:釧路 パチンコ 店
「あ~、上級貴族って、カルステッド様かな? 騎士団の団長なんですけど、ちゃんと約束を守ってくださったんですね

よかった」「よくない! 上級貴族に突然呼びつけられて、こっちは心臓が止まる思いをしたんだ! 何かあったらすぐに報告しろ、この阿呆!」 ベンノの言葉に、自分がその状況に置かれたことを想像して、一瞬で青ざめた

身に覚えのないことで突然上級貴族から呼び出しを受けるなんて、恐怖以外何ものでもない

「ご、ごめんなさい! 熱出して倒れてて、そこまで気が回りませんでした」 それに、騎士団に係わることは口外法度ときつく神官長とカルステッドとフランに言われていたので、心配するルッツにさえ詳しいことを話せていない

あなたも好きかも:ジャッカス スロット
ベンノに報告することは思い浮かばなかった

「まぁ、いい