パチスロ サイトセブン

パチスロ サイトセブン

「黙ってギヌエット

良いじゃない、手伝ってくれるって言うんだから

他の煌都に日和見を決め込まれないなら、なんだっていいわ

せいぜい巻き込んであげましょう?」 それでいいのよね、とマリオンが言う

「左様にございます」と、ネルグリッサルは頭を下げた

◇◇◇「ダメじゃないの? あの人

こんなにかんたんに信じちゃうなんて」 ウルクに割り当てられた公館に戻るなり、長椅子に転がり込んだサラはそう言い放った

執務席に着いたネルグリッサルは、書類に目を通しながら「そうだな」とぶっきらぼうに答えた

「ラヴェンナの新女王が凡愚だということは前から知れ渡っていた

我々としては、それをうまく利用させてもらうだけだ」「協力するとかいっておいて、本当はめちゃくちゃにする気なんでしょう?」「ああ

あなたも好きかも:サクラ対戦 スロット 天井
彼女は私の理屈を信じたようだし、難民共が内部分裂を起こしたように見せかければ、ウルクに矛先が向くことも無い」「そして、ばらばらになった難民がラヴェンナやパルミラを荒らしまわるのね」「そんなところだな……君にはまた働いてもらうことになる」「かまわないわ

あなたも好きかも:岐阜 市 パチンコ 休業
わたしはどれだけ嫌われたっていいの

もともとそういうものなんだから」 サラは自らに言い聞かせるかのように、そう呟いた

 ふと、マリオンのことを思い返し、そこにベイベルの影を重ねてみた……だが、上手く合わさらなかった