スネークイーター パチスロ

スネークイーター パチスロ

(というか、あれでよく街に入れるな?) 半ば、人外の集団にしか見えない

一応、連れているのは冒険者として所有を許されている召喚体にテイムされた魔物である

なお、ゴーレムとリビングアーマーは系統は別なのだが冒険者ギルド基準では召喚術扱いとなっている

 その集団がジジルと親方の前までたどり着き、立ち止まった

お主、何用であるかな』 ジジルが呆然とその集団を見ていると、炎の重装甲騎士がズイと前に出て尋ねてきた

(なんだ、コイツは?) まるで王を前にしているような威圧感をその炎の騎士からジジルは感じたのだ

それは明らかに意志を持った、操られた存在ではない何かだった

「お、俺はこの街のアウターファミリー『ボルネオ』の長であるジジルってもんだ

昨日は俺の部下が粗相をしたと聞いた

あなたも好きかも:パチスロ 押忍!番長3
それの詫びを入れさせてもらいに来たってわけだ」 ジジルは持っていたドアを前に出した

あなたも好きかも:パチンコ 海物語 ジャパン2 金富士
 それはそれは見事な分厚い金属のドアだった

ジジルはそのドアを一晩をかけて磨き上げた

ピッカピカの完璧な仕事であった

「はぁ、これはどうも

ええと、もらっていいの?」 そのドアを見ながら白き一団の中心人物、恐らくは鬼殺し姫であろうチンチクリンが放った予想外の言葉にジジルはつい頷いてしまう