ロシアン ルーレット チョコ

ロシアン ルーレット チョコ

だから、物凄く曖昧な訊き方をした

「『第四班(チーム)』の方は順調ですよ

ああ、ラルフが結婚したんですよね

あははっ、アイツが貴族様になって貴族のお嬢様をお嫁さんにするなんて

初めて会った時にはちょっと想像付きませんでしたよ」 んんん? あれ、向こうから平然と話題を振ってきたし、案外あっけらかんとしてるというか?「うん、そうだね

あなたも好きかも:スロット 源さん 赤7
あれ、ドロシーから何か言われなかった……?」 相槌を打つも、ラナたんの反応が読めずに、思わず訊いてしまう

あなたも好きかも:ブラックジャック ベーシックストラテジー 勝てない
「最近どうよ、って訊かれましたけど?」 んんん? それだけ? っていうか同じ訊き方してるんだなぁ……

あなたも好きかも:ワサビ スロット 2021
「何て答えたの?」 疑問形で終わる会話の連続はコミュニケーションに失敗している場合が多い……

そういう自覚はあれど訊いてみるしかない

「順調です、かな

あまり覚えてないです」 ん~?「ラルフが結婚したことについて、他に感想はある?」「えっ……」 さすがにラナたんは数秒の間、考える仕草をした

「ぶっちゃけ、勿体ないことをしたかな、とか思ってる?」「いえ、だって、私とラルフがくっついていたら、ラルフは貴族になんかなってないんでしょう? だから、その質問は前提からしてあり得ませんよ」 うんうん、全くその通りだわ

凄いな、さすが優等生、理詰めで来たか

「じゃあ……」「私は……ラルフの事が……好きでしたよ? ちゃんと形にする前に決断を迫られちゃいましたけどね

でも、ラルフは『第四班』のお兄ちゃんにはなれてもお父さんにはなれなかったんですよ

私がお母さんだとすれば、すれ違うのは必然だったと思うんです」 変な感覚だけど、言わんとすることは理解できた

「運命、って言葉は使いにくいけど、そうだったのかな」 私が曖昧な結論を出すと、ラナたんは笑った

「そうかもしれませんね

今の旦那(ダン)に満足してますし……