パチンコ いわき 爆サイ

パチンコ いわき 爆サイ

あなたも好きかも:雷電 パチンコ 漫画
 つい先ほど大往生した守護者(ガーディアン)の姿から学び、同じ間違いは繰り返さないと言った

「ただ、いまの『俺』をなかったことにもしない

いまでも俺は『剣士』には憧れてるし、心から『俺』でいたいって思ってる

あなたも好きかも:パチンコ 6月1日
この夢は絶対に間違いじゃないって思ってる

きっと間違っていたのは……使徒シスであるという責務

あれだけが、俺の背負うべきものじゃなかったんだろうな……」 簡単に言えば、ティティーにとっての『庭師』が、ディアにとっての『剣士』なのだろう

そして、ティティーにとっての『統べる王(ロード)』が、ディアにとっての『使徒』に当たる

 その答えを前に、僕から訂正を入れるところは一つもなかった

「わかった

あなたも好きかも:パチンコ 底辺 2ch
両方とも、ディアなんだな……

なら、このままでいこうか」 『俺』と言ったときも、『私』と言ったときも、変わらずディア――ただ、もしも、ありもしない使徒としての責任を抱え込みそうならば、そのときだけは口を出そう

 そう思っていると、目の前のディアはおずおずと不安げに補足を入れてくる

「わかってくれて、ありがとうな……

たださ、ちょっとだけお願いがあるんだ……

『私』が出てるときって、やっぱり変になってるときだって自分でも思うんだ

でも、それはちょっと弱ってるだけから……

だからさ、カナミ……

もし俺が『私』って口にしたときは……その、できればでいいから少しだけ優しくしてやってくれないか……?」 その要求に、少しだけ僕は驚く