めぞん一刻 パチンコ 好きなのに 音符保留

めぞん一刻 パチンコ 好きなのに 音符保留

あなたも好きかも:コードギアス パチンコ ライトミドル 信頼度
刃片による術式の構築こそ、ラヴァーソウルの真骨頂といえるのだろうが、しかし、そのような使い方が思いつき、実行できるのはミリュウ以外にはいないだろう

 そのすぐ後ろにはエリナがいて、彼女は、腕輪型召喚武装フォースフェザーの制御に精神を集中させていた

フォースフェザーの四つの羽が展開し、ファリアたちに大きな力を与えているのだ

あなたも好きかも:金曜日 回収日 パチンコ
神の加護とフォースフェザーによる支援があればこそ、大きく手加減してもなんの問題もなく敵を打ち倒すことができるといえる

「無闇に人殺しをしたくないってのは、前々からセツナがいっていたことだけどさ

まさかここにきて実践することになるなんて想わなかったわ」「そうでございますね」 ミリュウの素直な感想を肯定したのはレムだ

彼女は、五体の“死神”でもって敵兵を翻弄し、打ちのめしている

レムの視線の先には気を失った敵兵が山のように積み上がっていて、それが遮蔽物としても機能していた

さすがに味方に当たるかもしれない矢を放てるわけもなく、敵弓兵は、射線を通すべく移動し、その移動先を攻撃されて沈黙するのだ

「まったく、大将の慈悲深さには涙がちょちょきれるぜ」「思ってもいないことを」「あん? んなこたあねえぜ、姫さんよ」「俺はもう姫じゃねえって」「まあ、あだ名みたいなもんだと思ってくれりゃあいい」「よくねえっての」 シーラとエスクは、そのように言い合いながら敵陣真っ只中で戦っていた

互いの死角を庇い合うように、輪舞を踊るように

気こそ合っていないものの、息はぴったりだ

さすがはセツナを主と仰ぐふたりだけはあるのかもしれない