パチンコ クィーン

パチンコ クィーン

そう言わない?」「昔から親と思ってませんから」 簡単に自分の過去を語るサトミ

「それで、ぐれちゃったって訳

あなたも好きかも:徳島 パチンコ 回る
あ、ぐれてはないわね」「同じです

兄と、私が送り込まれた研究施設の人達がいなければ、どうなっていたか分かりません

あなたも好きかも:ピカイチ パチンコ
それと、その後でユウ達と出会わなかったら」 サトミがそっと私の手を握る

 私もすぐに、その手を握り返す

「会いたくないなら、無理に合う必要もない

私も、遠野や浦田と同じだ」「真理依まで

そういうの、本当はよくないのよ」「よくなくて結構

映未や名雲達のように、みんなが親と上手くいってる訳じゃない」 束ねた髪を撫でつけた舞地さんは、面白くなさそうに池上さんの髪を引っ張った

「止めてよ

で、元野ちゃんは?」「今は、上手く行ってます」「複雑ね、みんな」「私は、お父さんもお母さんも大好きだけど」 嬉しそうに私の頭を撫でる池上さん

 私も、止めてよと言いたい

「ユウのご両親は素敵だもの

私も好きだわ」「ありがと、サトミ」「本当の事よ