北斗 の 拳 スロット 新台 導入 日

北斗 の 拳 スロット 新台 導入 日

 主人公に視点を持たせる「一人称視点」と、誰にも持たせずビデオカメラを通して観ているような「三人称視点」のどちらかを選んでください

 安易に交ぜ書きしてはなりません

おおかたの読み手は「一人称視点」と「三人称視点」の交ぜ書きを読むと混乱します

「今文章で語っているのはいったい誰なんだろう?」となるわけです

 たとえダブル主人公やメイン主人公・サブ主人公のように主人公がふたりいる場合でも、基本的には視点はひとりに固定してブレないでください

 メイン主人公がその場から去り、残されたサブ主人公が視点を引き継ぐ

 こういう作品もありますが、その場合は明確に「視点保有者が切り替わった」と示すべきです

またこの手の「例外」を許すと、ワンシーンでの視点保有者が複数名となる事態を防げなくなります

あなたも好きかも:カイジ 沼 パチンコ 設置店
 だから基本的に「視点はひとりに固定」してブレないようにするべきなのです

 たとえダブル主人公でもメイン主人公・サブ主人公でも、「視点はひとりに固定」したほうが格段に読みやすい

「視点を持つ主人公」がひとりであれば、他人の心を書いてしまう愚は犯しません

 初心者のみならず、ある程度書けるようになってきた書き手の方でも、つい他人の心を読む文章を書いてしまいがちです

「一人称視点」では主人公の感情や思考はそのまま書けます

他の人物の感情や思考は見た目や推量でしか書けません

 もし他人の感情や思考を、なんの断りもなく文章で断定して書いてしまうと、主人公がテレパシーの使える超能力者になってしまいます

 もちろん読み手はテレパシーが使えません(よね?)

 であれば、テレパシストのような文章を書いてしまうと、読み手にはなんのことかさっぱり伝わらないのです

 だからたとえダブル主人公やメイン主人公・サブ主人公であっても、視点保有者は特定の主人公ひとりに限りましょう