スロット 悪魔城ドラキュラ3

スロット 悪魔城ドラキュラ3

「駆け引きとか探り合いとかそんなことができるような人間じゃないんで、単刀直入にいいますが」 セツナがそう前置きしたのは、ナーレスが彼の執務室に通され、机を挟んで対座し、お茶を出されてからのことだった

あなたも好きかも:スロット 甲殻類機動隊2 フリーズ
重要な話である

さすがにメリルを同席させるわけにもいかなかったため、彼女には天輪宮の散策を言いつけておいた

幸い、天輪宮には、メリルが姉のように慕うミリュウ=リバイエンがいたこともあり、彼女が退屈することはなさそうだった

 メリルは、ミリュウとの再会を喜び、ミリュウもまた、メリルを歓迎した

あなたも好きかも:北戸田駅 パチンコ パチスロ
ミリュウのナーレスへの一瞥は、メリルを幸せにしてやれているかどうかの確認のように思えたが、ナーレスには応えようがなかった

 メリルを不幸にしているつもりはないが、幸福を感じさせてやれているという自信があるわけでもない

あなたも好きかも:カジノ ディーラー 掛け声
しかし、ここのところ、一日の大半の時間を一緒にいることができている

軍師としての仕事をおざなりにしているわけではなく、彼女が側にいたとしても、ナーレスの仕事に悪影響がないからだ

そもそも、いまのナーレスに仕事という仕事は必要なかった

 書類仕事はエイン=ラジャールとアレグリア=シーンに任せてあるし、情報の収集と精査も参謀局全体の仕事だ

ナーレスは、参謀局から提出された書類に目を通し、それら書類に記された情報を頭に叩き込むのが仕事のようなものだった

そして、新たな情報が混沌とした脳内をさらに撹拌するかのように暴れ回ることで、彼の視野はひたすらに広がっていく

「シーラを匿っています」 セツナが告げてきた名前に、ナーレスは目を細めた

驚きには値しないことだ

すべて、予想通り

想定の範囲内の出来事であり、なにもかも、彼の頭の中に描き出された道筋通りに動いていた

 ナーレスは、このためにセツナに龍府を推したのだ