パチンコ 自動回転 自作

パチンコ 自動回転 自作

「・・・・・・それはわかっているのだがな

少なくとも調理する人材を増やさないことには、これ以上出すのは不可能だぞ?」 困った表情を隠すこともなく、フローリアが答えた

 現状は、ミツキの指導の手も離れて、エリ一人で賄っている状態だが、誰がどう見ても人手が足りていない

 新しい人手を雇えばいいのだが、考助たちの素性を考えれば、気軽に雇えないのが現実である

 それに、いつまで続けるかわからない屋台のために奴隷を雇うのも忍びない

 いらなくなったから返品するとはいかないのだ

 しばらくその場で悩んでいたふたりだったが、やがてフローリアが決断したような顔になった

あなたも好きかも:キング・ココズ・クエスト
「・・・・・・仕方ない

あなたも好きかも:ぱちんこ ルーレット
プロの意見を聞きに行こう」「プロ? ・・・・・・ああ、確かに、それが一番ですわね」 一瞬誰のことかわからなかったシルヴィアだったが、すぐにその顔が思い浮かんで納得の表情になるのであった

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ 第五層の街、その中央にある一際大きな建物は、街が発展するとともにその規模を変えて来たクラウン本部だ

あなたも好きかも:川越 新富町 パチンコ
 その建物には、各部門の担当窓口もあり、大きな賑わいを見せている

 フローリアとシルヴィアは、それらの窓口がある扉には向かわず、建物の裏側にある従業員入口へと歩みを進めた

「通行証をお見せください」 裏口には、当然だが警備員が二名立っている

 フローリアとシルヴィアが近付いてくるのを見て、すぐにそう声をかけてきたが、ふたりが正式な通行証を持っているのを見て、すぐに頷いていてみせた

「ご苦労様です