スロット バサラ 横浜

スロット バサラ 横浜

私達が暗黒迷宮の踏破を目指しているのに、自分だけが不参加で仲間の帰りを待つなんて言えないはず

もしもそうしてしまえば自分だけが成長出来ないまま、仲間達の成長を見届けることになるからよ

自分だけが仲間達から置いて行かれてしまうことになるわ

その可能性に気づいた乃絵瑠は覚悟を決めたようね

あなたも好きかも:スロット 化物語 目押し
「参加します!どこまで出来るか分かりませんけど、黙って待ってるつもりはありません!みんなが参加するなら、私も行きます!」「そうですか、それなら良いでしょう」はっきりと宣言する乃絵瑠に微笑みを返してから、川島所長は席を立ったわ

あなたも好きかも:スロット 動画 夫婦
「それでは『全員参加』ということでよろしいですね?」確認されたことで5人揃って頷く

「分かりました

それでは地下へ案内します

みなさん、私について来て下さい」率先して部屋を出る川島のあとを追って、私達も所長室を出ることにしたのよ

《サイド:文塚乃絵瑠》所長室を出たあとで

あなたも好きかも:パチンコ jaws 平和
私達は地下研究所のさらに地下へと続く階段に案内されて、『暗黒迷宮』を目指すことになったわ

どこまでも続くかのような長い長い階段

まるで地獄まで繋がっているかのような重苦しい雰囲気が漂う階段を下り続けて、ようやく研究所の最深部へとたどり着いたわ

「こちらへ…」先頭を進む川島所長のあとを追って歩き続ける

そして通路の奥にある扉に手をかけた川島所長がゆっくりと扉を開いたのよ

扉の向こう側