パチンコ papa

パチンコ papa

「おまえ、オレらとどんだけおんねん

昨日一昨日会ぉた仲か?」 不快さを滲ませた問い掛けに優樹は目をぱちくりとし、右手をそっと挙げて指折り数え、そろっと上目を向けた

あなたも好きかも:パチンコ まどか 228
「……もうすぐ二年」「やのに、おまえはまだオレらに遠慮するンか? 遠慮せなあかん思うとるんか?」「……だって」「プールに突き落とすン怖いいうのはわかる

せやけど、こんなンで怪我する思うか? オレらが泳げる泳がれへんもわからんのかおまえは」「……わかるけど」「ほな、問題は“そこ”やんけ」 顎でしゃくられ、優樹は間を置いて首を傾げた

「え、と……

つまり、……みんな泳げるんだから、落としても大丈夫、ってこと?」 ――的外れだ

 一平はじっとりと目を細め、「はあ」と脱力気味なため息を漏らして組んでいた腕を解き、ダランと伸ばした

あなたも好きかも:地獄少女 宵伽 パチンコ 甘
「……もうエエ

“次”に回す」「な、なにっ? なんでっ?」 諦めの心境、そんな面持ちで肩を落とされて焦り見上げる優樹に、一平はもうそれ以上答えることなく胸を張った

「落とせ

あなたも好きかも:偽物語 甘 パチンコ
もうあっついわ

っちゅうかあとでジュース買ぉてくれ」 この場でなぜ強請られなくてはいけないのかわからなかったが、優樹は頬を膨らませると両腕を上げて彼の腹に手を付き、足を踏ん張った

「……じゃあ、落とすからね

……怪我したって知らないんだから」 最後にボソッと呟くが、一平は軽く吹き出し笑って「おう」と頷く

暢気な彼に吐息を漏らしつつ、「いーち、にぃのぉ……さんっ」で突き押すと、素直にザバンッ! と水に落ち、すぐに底に立って顔を拭い、垂れる髪の毛を掻き上げた

「うぉー! めぇーっさ気持ちいぃーっ!!」 大介と相川が沈め合う横を通り過ぎて、水掛して遊ぶ洋一たちの元へ泳いでいく