ゾンビ スロット

ゾンビ スロット

 まずパリンクロンは何も持っていない手で、剣を振る仕草をした

あなたも好きかも:岩倉 パチンコ バイト
 その仕草は流麗過ぎた

 何も持っていないのに、そこに剣があるかと錯覚するほどの自然な動きだった

 弛まない反復練習の末に身につくであろう技であると、直感的に理解させられる

あなたも好きかも:パチンコ スロット ライター
「ぁ、ぁあ……」  その剣の演舞を見て、キリストは血の気の引いた顔を見せた

 そして、パリンクロンは騎士の礼の終わりに、もう一度だけ胸に手を当てた

 そこにいる誰かを感じて、もう決して偽ることのない『魂』で宣言していく

 ゆっくりと顔をあげながら、両手を広げつつ――「『――さあ、舞台は整った

ここが(・・・)、この百層こそが(・・・・・・・)、百二十層(・・・・)

『闇の理を盗むもの』シア・レガシィの階層だ

あなたも好きかも:タイガー スロット 21
ここならば、急造でも無断拝借でもなく、二十層どころか百層どころか、百二十層と言い張れるだろうよ

……ははっ、答え合わせの次は、忘れないように復習の時間にでもするか? 何にせよ、カナミの兄さんには、俺たちの『第百二十の試練』を受けて貰おう』」 先に消えて逝った九人の『理を盗むもの』たちの残した想い(もの)を拾うように、次へと、例の口上を繋げた

 僕にとっては、懐かしさを感じるだけの台詞だった

 だが、キリストは違うようだ

青い顔のままで、首を振り続ける