約物 パチンコ

約物 パチンコ

俺達は部屋で寛《くつろ》ぐのだった

*****「隣良いか? ユメ」「あ、ソフィアさん

構いませんよ」 ──夜も更けてきた頃合い、ライト達が近くの部屋で休んでいる頃、もう一つの四人部屋ではソフィアがユメの近くで訊ねていた

 ユメに断りを入れ、ソフィアが椅子に座るユメの正面に座ってそこから会話に入る

「マイとリリィは?」「少し宿屋内を見て回るそうですよ

マイさん達も海外……旅行? は初めてらしく、今日と明日が比較的自由なので折角だからと」「成る程

フフ、意外と行動的なんだな

あなたも好きかも:バンカー 専用
あの二人も」「そうみたいですね

実際、初めて出会った時は私よりもこの世界を知っていましたよ」「へえ

そうだったのか」 この部屋にマイとリリィがおらず、ユメとソフィアの二人だけ

基本的に人見知りのソフィアだが、この数週間の旅でなれたのもあって問題無く会話を塾《こな》せていた

「それと……ユメ」「はい? なんでしょうか?」 そんなソフィアは急転したように神妙な顔付きとなり、ユメの顔をじっと見つめる

 それに対してユメはキョトンとした表情になり、ソフィアは言葉を続けた

あなたも好きかも:スロット 川崎 サントロペ
「単刀直入に聞きたい

私の勘違いの可能性もあるが……ユメはライトの事をどう思っている?」「……え」 それを聞き、ポカンとした表情になる