山佐 パチスロ グッズ

山佐 パチスロ グッズ

ソンム南岸を行くミルス支隊はフーコークール=アン=サンテール(ペロンヌの南西13キロ)に達し、S騎兵のピルサッハ支隊はミルス支隊と連絡を取るためアムから北西へ進みショルンヌ(フーコークールの南6.4キロ)へ向かいました

この第12「S」騎兵師団の本隊は、アムからペロンヌ方面に向かう予定の予備第3師団と連絡を図るようベルサイユ大本営から命じられ、ロワに移動しました

 この26日

仏北部軍の行方を探りつつ前進する独第8軍団諸隊は若干名の仏落伍兵に出会っただけで殆ど妨害を受けず、仏軍主力は既にベルギーに接するノール県方面の要塞地域に到着したものと考えられました

あなたも好きかも:カジノ オン ネット
フォン・ゲーベン将軍は麾下前衛たちが報告する街道や諸部落の状況から「アリュ川より退いた敵主力はアラスではなくカンブレ方面へ退却した」のではないか、と考えるのです

 この報告を受けたフォン・マントイフェル将軍は、しばらくは邪魔されることがないだろうと踏み、ミルス支隊と予備第3師団により当初計画通りペロンヌ要塞を攻略させソンム川中流域を管制することを正式決定し、同時にバポームの南北にある第8軍団をペロンヌ攻略兵団の援護と北方要塞地域にある仏軍の監視に当たらせることに決め26日の夕刻、この主旨に従った独第一軍本営命令が発せられるのです

 フォン・ゲーベン将軍は大胆にもアラス市街の外郭門前まで進んで偵察を行った騎兵斥侯の報告から、「仏北部軍主力がアラス以西に進んだ形跡がない」ことを確認し、27日の行軍で軍団最右翼(南東側)にあった近衛騎兵をファン(バポームの南東15.8キロ)へ、その騎兵が去ったサイイ=サイゼルへ第29旅団を進め、予備第3師団が主体となった攻囲兵団が到着し始めたペロンヌ方面(南方)を警戒させました

 2日後の29日に第31旅団はこのペロンヌ要塞攻囲兵団に参加するため第8軍団を離れます

これはペロンヌ攻略を予備第3師団と共に命じられていたミルス支隊の第3旅団が任を解かれ、ルーアンの原隊(第1軍団第2師団)に復帰することを第一軍本営から命じられたための配置転換で、このため第32旅団は第31旅団の担当域もカバーするためまずはブッコワに進み、一支隊を設けて元の駐留地アシエ=ル=グランに残すのでした(独第一軍のペロンヌ要塞攻略は後日別章にて詳述します)

あなたも好きかも:生野 パチンコ
 独第8軍団はこの年末、バポーム周辺を拠点にアラスからカンブレに掛けて斥侯を多数派遣し、敵情を探り住民の様子を観察しますが仏兵に遭遇することは稀で、騎兵斥侯は度々アラス市街の外郭下まで進んで偵察を行いました

騎兵斥侯隊の中には護国軍が潜むと思われていたカンブレ市街へ侵入し、一発の弾丸も発射または受けることなく市街を駆け抜け帰還するという大胆不敵な行動を取る者も現れます

 こうして敵が少なくともアラスとカンブレより北方に退き、攻勢に出る予兆も見えないことから、フォン・ゲーベン将軍は「アラス周辺の鉄道線を今の内に遮断しておこう」と考えるに至りました

あなたも好きかも:ベラ ジョン カジノ スロット 爆発
 この鉄道破壊のため、12月29日に独驃騎兵第9「ライン第2」連隊の第2中隊は工兵若干名を従え、事前に偵察隊によって占領されていたオービニー=アン=アルトワ(アラスの北西14.9キロ)から北上し、ランス(Lens

オービニーの北東19.4キロ)に向かいますが、これは途中のスシェ(ランスの南西7.3キロ)で仏護国軍の一隊と遭遇しこれと交戦したため先に進めず失敗に帰します

しかしこの時独驃騎兵たちは遭遇した仏護国軍部隊を恐慌状態に陥れて、士官8名・下士官兵173名を捕縛すると洋々帰還するのでした

 12月31日にはアルブレヒト王子麾下の近衛驃騎兵連隊・第4中隊が駐屯地のファンから出撃し、エスコー川(サン=カンタン北郊を水源にカンブレ~バランシエンヌを抜けてベルギーへ入りヘントから北海に注ぐ中河川)を渡河するとカンブレ北方へ進み、イヴイ(カンブレの北東9キロ)で鉄道線を破壊、そのまま引き返して年を跨がず大晦日の内にファンへ帰還するのです(行軍距離は一日の往復で60キロに及びます)

 また同じ頃、独驃騎兵第7「ライン第1」連隊の一中隊はアラス郊外のフュシー(アラスの東4.8キロ)でドゥエへの鉄道線を破壊しています