ポケモン ガチャポン スロット

ポケモン ガチャポン スロット

 ボクシングであればチャンピオンと挑戦者とで熾烈な戦いが繰り広げられます

まさに「血湧き肉躍る」状態です

 ですので「バトル小説の面白さはバトル以外で決まってくる」と言っても信じてもらえないかもしれません

バトル小説はバトル以外で面白さが決まる バトル小説はとにかく誰かと戦って勝敗をつけるから面白い

そうお思いの方が多いでしょう

あなたも好きかも:黒神 スロット スルー天井
 実際バトル小説の見せ場は「バトル」そのものが大きな比重を占めています

 しかしよく読めばわかりますがほとんどのバトル小説は肝心の「バトル」以外の場面で面白さが決まってくるものです

 バトル小説であっても、日常の人付き合いや生活などの息遣いが感じられる要素によって登場人物の人間像を深掘りし、キャラの背骨(バックボーン)や考え方を読み手に伝えることはできます

 そういったキャラたちがバトルするから真実味(リアリティー)も増すのです

人物像を深掘りせず、ただバトル一辺倒では、キャラが薄すぎて読み手は感情移入できません

あなたも好きかも:マカオ リオ カジノ
こうなると読み手は面白く感じないのです

 賀東招二氏『フルメタル・パニック!』は巨大ロボットのアーバレストによるバトルが最大の見せ場になります

 ですが主人公の相良宗介がヒロインの千鳥かなめを守るためになんでもないことでガンアクションを繰り広げたり靴箱を爆破したりします

そしてかなめにハリセンで張り倒される日常が描かれているからこそアーバレストによるバトルが引き立つのです

日常シーンでキャラに感情移入させる つまり日常シーンでいかにキャラを魅力的に見せ、読み手をキャラに感情移入しやすくするかが求められます

「バトル小説なんだからバトルシーンだけを書けば読み手の血はたぎるんだよ」とお思いならそう書いてもいいでしょう