パチンコ 出 玉 調整

パチンコ 出 玉 調整

具体的に言えばあんたの中には無属性、念動力タイプの魔術の知識がすでにあるの」そうなのかと康太は首をかしげている

本人に知識があるといわれてもそれを認識することは難しい

覚えていること、知っていることをすべて列挙しろと言われても難しいのと同じように、自分の中にある知識を正確に把握するのは誰にでもできることではないのだ

あなたも好きかも:まどまぎ スロット ボーナス
「小百合さんの場合、あんたに紙伝達で魔術を教えたのは少なくとも視覚に目覚めた夏以降でしょ?それまでにあんたが覚えた魔術の知識があれば覚えやすいように多少簡単な術式にしてあると思うわ」「・・・なる・・・ほど・・・?」康太はうまく理解できていないが、これを算数や数学などの参考書に置き換えるとわかりやすいかもしれない

康太は最初小百合に足し算や引き算に近い分解や再現の魔術を学び、ある程度基礎ができてから少々難易度の高い、いわゆる掛け算や割り算などのレベルの上がった魔術を覚えていったのと同じことだ

基礎を知っていれば伝達する内容も少なくなる

もし分解などの魔術を知らなかったらそういった基礎の部分、足し算から教えていかなければいけなくなる

あなたも好きかも:パチスロ 伝説
その部分を省くことができている分、かなり省略された伝達方法であるのは間違いない

「・・・要するに、本当の魔導書を作るほどの苦労はしていないだろうってことよ

あなたも好きかも:真田純勇士 パチンコ 保留
本当の魔導書をあの人が作ることができるかどうかは私もわからないわ」文の言う本当の魔導書というのは誰が見ても、それこそ魔術の事前知識がなくとも読み解くことができる万人のための魔導書のことだ

小百合が康太のために作るような、無属性の知識があらかじめある人間のために作られたものはあくまで個人から個人への伝達用の魔導書もどきというべきだろう

本当の魔導書があのような本一冊に収められているのは、万人に伝達するために必要な情報すべてを記載しているのが原因でもあるのかもしれない

今度春奈のところにある魔導書を注意深く読んでみようかなと康太は考えていた

ただ解析するだけではなく、そういったところにも目を向けることができればまた何か見つけることができるだろう