三刀屋 パチンコ

三刀屋 パチンコ

さぞ愉快だっただろうな……!」 自分の無力さ

弄(もてあそ)ばれていたという悔しさと怒り

そして娘を奪った憎悪と憤怒……その感情の全てが握られているように感じた

「本来なら私も行きたいと思うが、私には守らなければならないものがある

あなたも好きかも:インデックス 保留 パチンコ
いつまでも奴に対する怒りに染まっているわけにもいかない」 ジェイルはアリミアの街を観ながらそう語ると、ナタルの頭を優しく撫で始めた

「お前もしっかりと自分を貫け

憎しみだけに囚われるな、いいな」「……はい! お父様」「大丈夫ですよ

我々もいますから」 無粋だとは思ったがと前置きを入れて、カルディナが横槍を入れる

あなたも好きかも:ff14 ルーレット 日課
「……皆さんも大変でしょうが、どうか娘をよろしくお願いします」 深々と頭を下げられリュッカは動揺するが、他のメンバーは……、「任せて下さい!」「任せろ」「お任せ下さいな」 中々頼もしい方々である

 聞き耳を立てながら、荷馬車に揺られる俺は苦笑い

「……では行ってきます」「必ず、無事に帰ってくるのよ」 旅の真の目的を知るナタルの両親は涙ながらに手を振って見送ってくれた

 レイゼンは弁えてか、優しい眼差しで今までを見守っていた

 俺達が乗り込み、少し経ったあと、ピィーと出航の笛が鳴る

「――出航ぉ!!」 乗務員が大きな掛け声を上げ、遂に出航――

「いよいよだね」「あ、リリィ」 もう大丈夫だろうと俺もアイシア達のいる甲板まで出てきた

 馬車が置かれている場所は臭いがキツくて堪らん

 パタパタと手であおぎながら出て来る

「お疲れ様