スロット ルーレットクイーン 評価

スロット ルーレットクイーン 評価

『でも、どの辺が境界線なのかなんてわからないよ?』『その辺は心配する必要はありません

・・・と、エリス姉さまも私の傍で言っているわ』 どうやらジャルは、エリスがいる傍で今の交神をしているようだった

『そうか

だったら大丈夫なのかな?』『ちょっと、それどういう事よ

私のいう事だけだと信用できないってこと?』 ジャルのふくれっ面が見えるようで、思わず吹き出しそうになった考助だったが、何とか我慢することに成功した

 ジャルの後ろから聞こえてくる笑い声は、聞こえなかったことにする

『違う違う

そうじゃないって』『・・・なんか納得いかないけど、まあいいわ』 どう違うのか具体的には言わなかったのだが、ジャルはそれだけで納得してくれたようで、ほっと胸をなでおろした考助である

あなたも好きかも:パチンコ ゴト 師
『それで? 肝心の加護ってどうやってつければいいの?』 そもそもこの質問がしたくて、この交神を始めた考助は、ようやく話を切り出せた

『え・・・!? えっと、こう気に入った相手に、エイッと・・・?』 ジャルの説明になんじゃそら、と考助は思ったが、そのことを切り出す前に別の声が聞こえて来た

『その説明で相手に伝わるわけがないでしょう? 考助様には姿は見えていないのですよ?』 呆れたような声で割り込んできたのは、エリスだった

『だって~

言葉で上手く説明なんてできないよ』『説明しようというのが間違いだという事に気付きなさい』『ん? それってどういう事?』 二人の掛け合いに、考助が口を挟んだ

あなたも好きかも:パチスロ カジノ
『そもそも加護を与えるというのは、神の権能のごく一部を分け与えるという意味です

当然与える力も様々なので、与え方も決まった物ではないのです』『あ~

もしかして、神の力の一部の事をまとめて加護って言っているってこと?』『そういう事です