戦国おとめ ぱちんこ 初代

戦国おとめ ぱちんこ 初代

「可能なら自主退学にまで追い込み、無理なら今後の行動を制限するよう通告

リストは事前に渡した通り」「つくづく悪いな、君は」「それが仕事でね

正直どんな主義主張を振りかざそうと、俺自身は構わないよ

ただ、学内を不安定化させる奴らは放っておけない

力尽くでやろうとする場合は特に」「それを去年、君達がやってたんじゃなかったのか」 岸君の突っ込みも無視

あなたも好きかも:s-1グランプリ パチスロ
 立場が違えば発言も変わる

 人間とはそんな物だ

あなたも好きかも:札幌 裏 カジノ
  彼等に指示を出し、自警局内の業務を再確認

 知らない間にメールが数通届いていて、それらを処理

 取りあえずは問題無さそうなので、次の仕事に取りかかるか

あなたも好きかも:パチンコ クイーンズブレイド2 評価
 一応授業には顔を出し、無難に業務をこなしているとアピール

 昼休みを待って、外局を訪ねる

「局長か、総務課課長

もしくは渉外課課長に会いたいんですが」「アポイントメントはお取りでしょうか」「いえ」 受付でIDを提示

 モデルみたいな美形の女の子はそれを一瞥すると、落ち着いた仕草で卓上端末を操作し始めた