鴨宮 パチンコ屋

鴨宮 パチンコ屋

「はあ……、相変わらずだな君は……

もう少し憎まれ口を言い返してくれないと、こちらも張り合いがない」「あなたに憎まれ口を言い返すことがどれだけのことか、それを理解して欲しいんですが……」「理解しているから言っているんだ

あなたも好きかも:スロット 再プレイ やり方
それをどう捉えるかは君次第だ」 シッダルクさんは呆れたように「理解している」と言った

あなたも好きかも:カイジ スロット 4号機
 それはつまり、僕を罠にかけようとしていることを白状したのだろうか

あなたも好きかも:スロット 周期管理
それとも、単純に僕と憎まれ口を叩き合いたいのだろうか

 ……《ディメンション》を強めに展開する

 思った以上に、シッダルクさんから敵意を感じない

興奮しておらず、平常での発言だ

ならば、言葉通りに受け取って、次からは、それなりに憎まれ口を返した方が受けがいいのかもしれない

 僕が難しい顔で思案していると、シッダルクさんは薄く笑って肩をすくめたあと、スノウに近づく

「挨拶が遅れてすまない、スノウ

母君との挨拶はどうだったかい?」「……シッダルク卿、御機嫌よう

はい、挨拶は……滞りなく終わりました」「それはよかった

何にせよ、滞りなく進むことはよい事だ」「そう、ですね……」 スノウは隙のない笑顔を作り直し、シッダルクさんに対応する

 しかし、その直前の姿を見ている僕は不安でならない

 スノウは取り繕うのが上手い

 おそらく、あの作り笑顔の奥では、相当弱っているに違いない

 ただ、四大貴族の間に割り込めるほどの権威が、まだ僕にはない

「――ああ、こちら紹介しよう