釧路 スロット 優良店

釧路 スロット 優良店

おまえも、そんなオレらの傍におったらエエねん」 落とすまいと強く抱き締めている一平の腕の中、優樹は「……うん」と頷き、彼の首に巻いている腕に顔を伏せた

「……ありがとう、一平君……」「礼なら、あとでジュースおごってくれ」 再び催促されて吹き出し笑う優樹につられて一平も少し笑うと、「ちょっとすまんな」と断って足を曲げて水に浸り、顔を浸けないよう浮力を借りて優樹をくるりと回転させ、背中越しから再び抱き上げた

 優樹は、胸の下で回す一平の腕を掴んだまま顔を上げた

あなたも好きかも:パチンコ 犬夜叉 演出
「……信じて」 最後尾、微笑む反町に腕を広げられ、優樹は鼻の頭を赤くすると目に涙を浮かべて手を伸ばした

「……助けて、……流君……」 反町は水を押して近寄ると、「……おいで」と一平の腕から引き受け、優樹が首にしがみついたと同時に彼女をギュッと抱き締めた

あなたも好きかも:スロット 失敗
「……もう大丈夫だよ

偉かったな」 優しい声色に優樹は首に巻く腕に顔を伏せて首を振るが言葉はない

しばらくして腕が震えだし、鼻をすする音が聞こえ出して反町は彼女を落とさないよう軽く背中を撫でた

「……誰かのために、って、考えるのは優樹だけじゃない

みんな同じで、みんなが、大切なものを失うことを恐れているんだ

あなたも好きかも:カグラ スロット 設置店
だから、独りで頑張らないで

優樹と同じくらい、みんなも頑張れるから