パチンコ テンガイ イベント

パチンコ テンガイ イベント

十の国の十三区は教会が少し厄介だが、過ごし易いところなんだ」「とおの国、というところなのですね

死者の国に落とされてしまう場合は、どこに落ちるのか決まってないのでしょうか?」「死者の場合は、その魂の履歴に紐付いて分類される

大抵は、生まれた土地か、死んだ土地を基準にして振り分けられるから、ヴェルリアからはこの国の十三区と十四区、零れた一部は十二区だったかな

でも、生者が落ちるときはその決まりがない

あなたも好きかも:秋葉原 スロット バー
一番厄介なんだ」「一つの国が、更に区で分けられているんですね」「ああ

国が十三、各国がその上で六十四区に分かれているんだ

何しろ死者は多いから」「ろ、ろくじゅうよんく………」ネアが驚愕してしまったのは、ウィリアムがネアを見付けるまでに九か国を回って来たと聞いているからだ

あなたも好きかも:高宮まり パチスロ
それを踏破してきたのなら、さすがに終焉の魔物と言え、疲れてしまうだろう

「…………ウィリアムさんは、私が死者の国に落ちた気配を感じてすぐに、地下に下りてくれたんですよね?」「さすがに、核を与えた相手が死者の国に落ちればわかるからな

だが、地下にいるとしかわからないのが難点だな

たまたま死者の国にいる内に落ちてくれれば、場所の特定も大まかに出来たんだが」そう話しているウィリアムは、万が一のことを考えて治安の悪い国から優先的に探してくれたらしい

一から四の国は、死者の国の中でもネアの感覚で言うところの煉獄に近い凄惨な土地なのだそうだ

「もしかして、ほとんど寝てないのでは………」「ああ

そう言えば久し振りに座った気が…」「ね、寝て下さい!!お茶を飲んだら少しでもいいので、二階で休んで下さい!!」「はは、そうさせて貰おうかな」そう笑った顔がいささか虚ろだったので、ネアは恐怖の地下室問題と、この屋内に他にも蜘蛛が居ないか問題は後回しにすることにして、お茶を飲んだウィリアムをすぐに二階に上げた

「ネア、………この寝室はどうしたんだ?儀式かな?」しかし、ネアの使っている寝室に案内されたウィリアムは、入るなり立ち竦んだ後、何かまずいものを見たという顔をしてこちらを振り返った

「儀式ではなく、シダ―ウッドですね