チャレンジャー パチンコ 社長

チャレンジャー パチンコ 社長

そういえば、一番大事な彼女を忘れていた

ネビアは、白薔薇の魔物だ

その美しさは白薔薇のようだと言われるが、植物の系譜の魔物はその司るものをどれだけ支配するかによって、魔物の中では珍しく姿を変えて成長してゆく魔物だ

あなたも好きかも:パチンコ 新台入れ替え 出る
一般的なところでは、森の賢者などがそうと言えよう

特定の一人がその全てを司るのではなく、同じ名前を持つ魔物が複数いる彼等は、まだ若い頃には土塊であり、やがて木の実の姿の賢者となり、そこから千年も経てば枝になり葉も茂る

あなたも好きかも:規則改正 パチンコ
全身を葉に覆われた最上位の森の賢者は、世界にも片手程しか存在しない稀少な魔物だ

成長や衰退を持つ高位の魔物という意味では、植物の系譜しかいないのは確かだ

他の者達は、司るものに変動こそあれ、保有する魔術を多少変動させるくらいで、ネビアのように自身のありようを変えるまでには至らない

あなたも好きかも:warframe レールジャック スロット
そして、そんなネビアだからこそ、最近大きく階位を下げる事件があった

事の起こりは、三百年ぶりぐらいにアイザックと対面したことだ

会場で一緒になることはあったが、こうして正面から対面したのは久し振りなので、ネビアは思わず顔を顰めそうになる

彼は第四席の欲望を司る魔物で、その夜までは、ネビアが第五席の魔物であった

とある精霊王の舞踏会で偶然遭遇し、会場に向かうネビアに対し、アイザックの方は部下の精霊に付き添われ何やら足早に会場を出ようとしていたところだ

「おや、ネビア

お久し振りです」「…………アイザックか