ジョーカー・リッチーズ 2

ジョーカー・リッチーズ 2

 なんと、ルッツはイタリアンレストランの開店と余所の街に製紙工房を開くためにマルク直々の指導が入ることになったらしい

あなたも好きかも:パチンコ 心理学 効果
発案者であるわたしとの連絡役なので、かなり変則的な教育課程になると説明された

 最初から新しい事業の立ち上げに参加させ、どんどん実践させて、仕事内容を叩きこむんだって

 それ、新人研修じゃないよね? って、思わず突っ込んだけれど、当の本人は予定よりずっと早く余所の街にも行けるということですごく張り切っている

 ルッツが喜んでいるなら、それでいいんだけど

 頑張れ、ルッツ! 神殿に着くと、門のところに一人の灰色神官が待ち構えていた

比較的がっちりとした体格の男性は、わたしの姿を見て、スッと腰を下げて、両手を胸の前で交差させる

「おはようございます、マイン様

神官長のところへ案内いたします」「マイン様!? ぷっ、あははは……

似合わねぇ」 丁寧な物腰の灰色神官の態度に吹き出したルッツが、わたしと灰色神官を見比べてケラケラと笑う

あなたも好きかも:ワールド スロット 歌
 灰色神官の眉が不愉快そうにピクリと動いたことに気付いたわたしは、お腹を抱えて笑うルッツを慌ててベンノの店の方へと押し戻す

あなたも好きかも:パチスロ 凱旋 出目
「ルッツ、笑いすぎっ!」「あぁ、悪い、悪い

マイン、今日は4の鐘が鳴ったら、迎えに来るから待ってろよ」「ん

わかった」 ルッツに手を振って、少しばかり見送った後、わたしはくるりと灰色神官の方へと向き直った