蒼天の拳 スロット 天授

蒼天の拳 スロット 天授

あなたも好きかも:パチンコ 本 八幡
いくつもの光球が頭上から流れ落ちてきたかと思うと、すぐさま上空へと昇っていく

再びルクスの周囲を旋回し、別の場所へと移動する

 彼は、敵武装召喚師が眉根を寄せたのを見た、どうやら、光球群はルクスにだけ見えているわけではないようだ

「なんだこりゃ?」「光? 召喚武装でしょうか?」 シグルドとジンが驚いているほか、傭兵たちやガンディア兵の間にも動揺が広がっている

あなたも好きかも:パチンコ 一騎当千2
 光球群は、うめき声を発しながら、まるで意思を持っているかのように戦場を巡っていた

光の尾を引きながらさまよう様は、さながら生者を嘲笑う魂の群れだ

あなたも好きかも:パチンコ アフィリエイト asp
光の中に顔のようなものが浮き上がったかと思うと、その口は呪詛を紡いだ

『どうして、裏切ったのです』『信じていたのに!』『わたくしは、ザルワーンのためにと……!』 いくつもの言葉、いくつかの想いが、空中に拡散する

(ザルワーンのため、か) ザルワーンのために犠牲となったものの魂が、戦場を席巻しているとでもいうのだろうか

 ルクスは、あまりの馬鹿馬鹿しさに笑い飛ばしたくなった

「死んだものが戦場に出てくるんじゃあない」 グレイブストーンを振り下ろし、目の前を横切ろうとした光球を斬り裂く

光の玉は、真っ二つに分かれると、光の粒になって消えた

同時に地を蹴っている

左の短剣を敵武装召喚師に投擲する

敵は、右手を振り上げ、空気塊を放ったようだ