スロット ブログ ジャグラー

スロット ブログ ジャグラー

あなたも好きかも:ジンベエ マム ルーレット
【王国暦126年1月5日 10:04】 北東海域で捕虜にしたシアン帝国の面々は、総勢二百二十三名

多いんだか少ないんだかわからないけれど、これだけの人数を一つの場所に収監する施設はなかったため、ロンデニオン東迷宮に空き部屋を作り、そこに放り込んである

 ただし、その中でも三人の人物は、ロンデニオン城の牢獄に収監した

 そのうちの一人はオットー・アレクサンドロフなる、実質の艦隊総司令として派遣されていた人物だ

 アレクサンドロフ男爵は熊のような体躯、熊のような髭

ミハイル(ミーシャ)と呼ぶには可愛げはないけれど、きっとシアン帝国の熊は可愛げのないものなんだろう

「どのような経緯で、我が国への侵攻に至ったのか、お聞かせ願えますか?」 そう丁寧に訊いたのは、黄色い人ことニール・マッキロイ

あなたも好きかも:パチスロ チェリオ 動画
今は第一騎士団に異動して、諜報の真似事をやっている

それで今回の尋問担当官になったそうな

「……………………」 その質問は何度目なんだ、と、やや蔑んだような視線がマッキロイに送られる

あなたも好きかも:パチンコ 釘 読み コツ
私はマッキロイの後に立ち、尋問を見守っている

 この男爵様(オットー)はとても頑固な人で、インプラントの影響下にあるのに、あまり質問には答えず、黙り込んでいるのが常なんだってさ

いいね、やはりロシアの男は寡黙でなければ

これでも素直になった方で、一応は質問に答えるようになった

ただ、幾つかの肝心な質問には答えてくれていない

「既にアデル元王子、ミルワード(ウーゴ)卿からは証言が得られています

こうやって貴君に尋ねるのは確認でしかありません」 マッキロイは一度言葉を句切って、私の方をチラリ、と見た

私が頷くのを見ると、再び句を継ぐ