中尾彬 パチンコ

中尾彬 パチンコ

 その様子を見たトールは心の中に大きな不安がこみ上げてきた

破裂する爆弾を前にしているような奇妙な感覚があった

そして、ゴクリと喉を鳴らしたトールが「何か言いたいことでも」と口にしたと同時だった

あなたも好きかも:スロット ガロ打ち方
ガイエルが口を開いたのは

『頃合いかねえ』 次の瞬間にはその場の悪魔たちが一斉に聖なる光によって灼かれ、また天帝の塔の至る所で爆発らしきものが起きている音が響いた

あなたも好きかも:初代黄門ちゃま パチンコ
そのことに目を見開いたトールは、己の体が熱いと感じた

否、それは錯覚だった

あなたも好きかも:犬夜叉 スロット 設定
感じた部分はもう存在していない

彼の胴にはもう何もない

「ガイ……エ……」 胸に大きな穴を開けて崩れ落ちたトールの前で、ガイエルが笑う

その大穴はガイエルの腕のドリルが抉ったために開いたものだ

そのドリルを振るい、鮮血が散らしながらガイエルが悪魔王ユキトの前に出る

 対してジルベールが間に入って、ガイエルを睨みつけた

『ガイエル

貴様……』『ハッ、意外そうな顔すんなよジルベール

俺がずっとこうしたいと考えてたのは、知っていたはずだろう?』 そう言いながらガイエルが己の胸を手刀で貫き、その中から呪印の刻まれたリングを取り出した

 そのまま無造作に破壊されるソレが制約(ギアス)の魔法具であることを知っているジルベールが唸り、その様子を小気味良さそうにガイエルが笑った

彼は今、自由だった

 その場は混沌となり、悪魔たちが聖なる光でなすすべも無く殺されていく中で、少女の形をした怪物が一言告げた