神激 スロット

神激 スロット

近くの駐車場に車を止めて店の前にやってくるとその詳細を確認することができる

あなたも好きかも:pso2 カジノ 連射機
喫茶店に近い外観をしているがどこかシックな雰囲気を醸し出している

僅かにツタが絡みついた看板、そしてその装飾を見て頻繁に手入れされているということがわかる

あなたも好きかも:パチンコ 県別 店舗数
僅かな汚れはあえて残しているようなそんな印象を与える見た目だった

看板に絡みついたツタも決して無造作ではなく、確かな意図をもってその場に放置している、そんな気のする見た目だ

人もそれなりにいるところを見るとそれなりに有名な店なのだろうか

扉を開けると中から芳ばしいコーヒーの香りが全員を迎えてくれた

コーヒーだけではなく恐らくケーキの類も取り扱っているのだろう、洋菓子の甘い香りが鼻孔をくすぐる

あなたも好きかも:スロット 剛衛門 天井
少し薄暗いと言えばいいだろうか、店内も日当たりが悪いわけではないのに一定以下の明るさを保っているように思える

照明もわざと出力を落としているような印象を受けた

「いらっしゃいませ、四名様でしょうか?」「待ち合わせをしている

一人遅れてくる予定だ」「かしこまりました、あちらのテーブル席へどうぞ」決して広いわけではないが店員を雇う余裕はあるようで、女性店員が四人を奥のテーブル席へと案内してくれる

カウンター席にテーブル席、それぞれ客は半分半分といったところか

ゴールデンウィークのこの時期にしっかりと客が入っているのだからそれなり以上の知名度があるという事だろう

「ご注文が決まりましたらお呼びください

ごゆっくりどうぞ」四人にメニューの書かれた本が渡され水とおしぼりが配られると小百合は早々にメニューを開いていた

「好きなものを注文するといい

ここは私がもとう」「マジっすか!何にしようかな・・・」奢りと聞いて康太は真っ先にメニューに食いつくように読み始める