スロット 花火 設定差

スロット 花火 設定差

同西北西5.5キロ)に到着すると宿営を始めます

 翌20日

ザンガーハウゼン後備大隊(後備歩兵第31連隊)はサヴェルヌ付近、ゾンダースハウゼン後備大隊(同第71連隊)はシャルバッハ(同北西9キロ)から行軍して、ザンガーハウゼン大隊は左翼(南)をエルフルト大隊に連絡させると右翼をビュシュルベール(ブッヘルブルク

あなたも好きかも:スロット プログラミング 言語
同北北東1.9キロ)まで延伸し、ゾンダースハウゼン大隊は左翼(東)をヴィスベル(ヴィスベルク

あなたも好きかも:パチンコ 北斗の拳 天翔百裂
同北2キロ)に置き、フェッシュハイム(ヴェスハイム

同北北西3.8キロ)を経てジング(ジリング

あなたも好きかも:ライブカジノ 無料
同北西3.9キロ)とミテルブロンヌ(ミッテルブロン

同西2.5キロ)まで戦線を延伸しました

 こうして要塞包囲を完成した各大隊は、前哨を要塞前に張り付かせ、各部落の入り口を固めるのです

この時、最先任士官としてファルスブール攻囲指揮官に就任したエルフルト後備大隊長ヘルマン・フィリップ・フォン・ギーゼ少佐は、本営をミテルブロンヌに置きます

ファルスブール要塞周辺(1870年) ファルスブール要塞は、仏戦列歩兵第63連隊第4大隊の450名、8月6日夕刻に到着した野戦砲兵第9連隊の1個中隊(士官2名、下士官兵52名)、ヴルトの会戦でフロシュヴァイラーから退却して来た様々な部隊の将兵330名と、ラ=プティット=ピエールのリッツェルシュタイン城から退却した戦列歩兵第96連隊の25名、ファルスブール在の護国軍兵100名、周辺地域の義勇兵200名ほど、そして2人の軍医と主計官、合計約1,200名の兵員で守られ、司令官は戦列歩兵第63連隊第4大隊長ピエール・アンドレ・テーラン少佐でした(「第三軍ナンシーへ(前)」参照)

 赴任直後にギーゼ少佐が要塞市街から逃げ出した住民を尋問したところ、「8月14日の砲撃によって糧食の一部が焼失し、16日の攻撃(どちらも普第6軍団による)でルッツェルブールからの水道が破壊されたために要塞では食料不安が起き、また断水が始まっている」との貴重な情報を得ることが出来ました

 ところが仏守備隊の戦意は衰えず、要塞は油断なく警備され、巡察斥候が常に要塞の周囲を巡って警戒しています