パチンコ 変動時間

パチンコ 変動時間

反町は「……うーん」とナガレをじっと見つめて顔をしかめる

「……生意気そうな顔をしてる」「流君にそっくり」 「ふふっ」と愉快げに笑われて、反町は目を据わらせた

 ――大島邸

 今日は反町が休み中の課題を片付ける手伝いに来た

 彼を出迎えた聖菜は、「この子ったらいつもいつもお休みが終わる頃になって大慌てするの

反町君、お勉強大変なのにこんな子の相手までしなくちゃいけないなんて……

もう、厳しく教育してくださいな

あなたも好きかも:オンラインポーカー 大会
……反町君の半分でもいいから賢くなれたらいいのに

贅沢言わないから四分の一……せめて五分の一」 深くため息を吐く聖菜に反町は笑い、優樹はムカッと頬を膨らませた

 その後、優樹は自分の部屋に反町を招き入れ、反町が室内をウロウロと探っている間に真里乃が持ってきてくれたジュースとお菓子を受け取り、課題の準備をする

あなたも好きかも:副業 パチンコ
「あとでおばさんと話でもしようかな

あなたも好きかも:ハチワンダイバー パチンコ
何かおもしろいことが聞けそうだ」 楽しそうな反町に「……やめて」と優樹はふて腐れながら、テーブルに教科書とノートと筆記類を並べる

反町も勧められたクッションに近寄って座り、鞄の中から自分の課題ノートを出した

「少しは進んだ?」「……

え?」「課題」 何気なく問われ、優樹は準備をする手をピタッと止めた

……流君は?」「英語と数学は終わらせたよ」 さらりと答えられて、優樹は気まずそうに視線を逸らす

その気配に気付いた反町は「ん?」と顔を上げて苦笑した

「まさか、全然手を付けてない?」「……