シャトー バカラ 評価

シャトー バカラ 評価

絶対に許せない(・・・・・・・)!! 〝冷たい文字〟でなく、熱い感情(・・・・)が溢れ出し、私は叫ぶ

「違うよ! 師匠!!」 火傷の痛みを全て無視して、身を捩じらせながら、全力で師匠に伝えていく

「師匠のやってきたことは間違ってない! 私は助けてもらって、嬉しかった!! 師匠と会えて、一緒に遊んで笑って苦しんで、旅ができて、本当に楽しかった! 死ぬほど楽しかった!! そりゃ何度も失敗することもあったけど、そんな師匠のことが私は大大大っ、大好きなんだよ!!」  私は全身を振るわせて、炎の巨人の腕を振り解こうとする

 その抵抗を見て、ロミスは眉をひそめて、炎の巨人たちに命令する

あなたも好きかも:神戸 パチンコ 最大
やはり、まだ力を隠していたか――」 瞬間、掴まれていた左右の腕が、小枝のように折れた

 脳天に雷鳴が轟いたかのような音が響き、火傷を上回る熱と激痛が全身を走る

けれど、私は一切怯まずに叫び続ける

「だから、大丈夫!! 私は絶対に、大好きな師匠の前からいなくなったりしないよ! これも、ぜんっぜん痛くない! 楽しい!!」 自分でも何を伝えたいのかわかっていない

あなたも好きかも:おすすめ パチスロ 台
 正直、せっかく残していた余力を使って、無駄なことをしていると思う

あなたも好きかも:スロット 当たり 台 の 見分け 方
「きっと昨日案内してくれた少年は、まだ生きてる! あそこにいたみんなっ、どこかでまだ生きてる! あの師匠の優しさが間違ってたなんて、絶対に私は思わない! まだだよ! これから先、いつか『みんな一緒』のハッピーエンドに届く可能性は残ってる! だから――!!」 だけど、これこそが私の求めていた生の感情だと思った

 ずっと自分自身の中にあったことを気づけなかったのは、他ならぬ自分の生まれ持った違い(・・・・・・・・)――『読書(スキル)』が原因だったのだろう

 しかし、いま私は自らのスキルを生まれて初めて振り払い、「本で読むのと実際に味わうのでは大違い」という言葉の真の意味を、理解していっている

 ――愛する師匠の命さえ守れたら、あとはどんな結末(エンド)でも構わない? 違う! そんなことを言えたのは、まだ現実というものを一度も味わったことがなかったからだ! 『理想』の『主人公』と出会って、馬鹿みたいに浮かれるだけで、まだ本気で好きになっていなかったからだ!  本当に好きなら、好きな人の笑顔を見たかったはずだ!  本当に好きなら、好きな人を幸せにしてあげたいはずだ! 師匠の『みんな一緒に』って願いを、何が何でも叶えたいあげたくなるはずだ!! 好きな人には片時も自分を忘れて欲しくなくて! ずっとずっと笑い合っていたくて! 死ぬまで一緒にいたいって、そう思うのが! 何が何でもハッピーエンドを求めるのが! 本当に好きってことじゃないのか!? なら、〝ティアラ・フーズヤーズは相川渦波を愛してる〟じゃなくて!! 【私は師匠が大大大っ、大好き】こそが、私の本当の気持ちだ!!「だから、泣かないでよ……! 師匠っ!」 その全ての想いを纏めて、私は口から吐き出した

 止められなかった